トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

無添くら寿司はイカサマと言う言葉が嫌いらしい

「無添加、イカサマくさい」と書き込んだ人物の情報開示、認められず 無添くら寿司運営会社が敗訴 東京地裁(産経ニュース)

(記事より一部引用)
大手すしチェーン「無添くら寿司」を運営する東証一部上場の飲食企業「くらコーポレーション」が、プロバイダー業者「ソニーネットワークコミュニケーションズ(ソネット)」を相手取り、インターネット掲示板上に「無添という表現はイカサマくさい」などと書き込んだ人物の情報開示を求めた訴訟の判決が12日、東京地裁であった。

宮坂昌利裁判長は「書き込みは、くら社の社会的評価を低下させるものではなく、仮に低下させるとしても、書き込みには公益性があるため違法性はない」として、請求を棄却した。判決によると、平成28年3月、株式情報を扱う掲示板に、ソネットのプロバイダーを利用する何者かが「ここは無添くらなどと標榜(ひょうぼう)するが、何が無添なのか書かれていない。揚げ油は何なのか、シリコーンは入っているのか。果糖ブドウ糖は入っているのか。化学調味料なしと言っているだけ。イカサマくさい。本当のところを書けよ。市販の中国産ウナギのタレは必ず果糖ブドウ糖が入っている。自分に都合のよいことしか書かれていない」などと書き込んだ。
(引用ここまで)

裁判官曰く。

1)書き込みはくら社の表示に対する問題提起であり、公益に関わる内容
2)くら社は4大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料)以外の添加物の使用の有無はホームページなどで表示しておらず、書き込みは重要な部分で真実
3)(「イカサマくさい」という表現について)上品とは言えないが、意見・論評の範囲を超えた表現ではない

とのこと。

いやはや、良識のある裁判官で良かったと思う。と同時に、こんな訴えが通ると本気で思っている会社側の浅はかさが残念でならない。裁判沙汰であるから、社長が決断して情報開示を求めたのだろう。しかし、無添と言うからには何らかの線引きは必要だ。そこを突かれて歯がゆいのであれば、無添と言う表現を用いるべきではないと思う。

表現の自由は民主主義の根幹に関わる部分であり、問題提起は未来に繋がる貴重な材料だ。企業の発展に寄与する意味のある提言だと受け止めるべきではなかったのか。そもそもイカサマと言う言葉に正面から堂々と反論してこそ、企業の高潔さや将来性が見えてくると言うものだろう。恐らくは株価への影響を懸念して訴えたのだと思われるが、まずは堂々と「無添」の何たるかを論じるべきであって、個人の情報開示を求めるのは筋が違う。これでは企業が不当に圧力をかけている印象しか残らず、会社にもメリットはない。

企業の方針として論評すら許さないと言うのであれば、いずれ誰からも見向きされなくなる。今回の裁判では、逆に企業の姿勢が問われる事になりはしないか。根拠に基づかない誹謗中傷は断罪されても仕方ないし、企業が甘んじて受け入れる義理もないが、果たして今回の裁判はやる意味があったのだろうか。

(追記)
くらコーポレーションがコメントを出しました。

くら寿司

やはりこうした反論は、裁判をする前に打ち出すべきであったと感じます。企業が匿名掲示板内で反論をしても、異端者扱いにされて論戦の土俵にも上がれないと思うのです。堂々と企業の理念と現状を自社サイトや店頭で掲示し、疑惑を払拭する方向で努力と誠意を見せた方が顧客の受け止め方も違ってくるのではないでしょうか。イカサマと言う表現は確かに下品だと思いますが、無添と言う表現も色んな誤解を招くのは事実です。食の安全にこだわって添加物を減らしていると説明した方が、現実的なのではないでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]