トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

気に入らないと他人の家の壁を蹴る共同通信社

取材で壁蹴りは共同通信社の20代男性記者 幹部と記者で住民に謝罪(産経ニュース)

(記事より一部引用)
千葉県我孫子市でベトナム国籍の同県松戸市立六実(むつみ)第二小3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件をめぐり、報道関係者が取材を断った住民の家の外壁を蹴る動画が公開されていた問題で、この報道関係者は共同通信社(東京都港区)の20代の男性記者だったことが17日、同社への取材で分かった。

同社は「社として厳粛に受け止めている。事情を聴いた上で厳しく指導する」としている。ネット上で動画が公開されたことを受け、社内で調査したところ記者が名乗り出た。記者と同社幹部は17日、この住民に謝罪した。蹴った理由については「まだ確認できていない」という。

(中略)

住民は「某社の記者さんよ、インターホン越しの取材依頼に対して、私は『結構です、すいません』と言っているのにそんな態度取るなよ~! 防犯カメラ着いているの一寸は気にしろよ、その場から少なくとも3台は一目瞭然だぞ!防犯カメラ作動中のシールも3か所貼ってあるだろうに… だから家の壁蹴るな!」
(引用ここまで)

問題の動画ががこれです。


動画を公開した住民の怒りも分かります。群がるメディアの在り方に一石を投じる出来事だと私も感じました。

この動画に出て来る記者らしき人物は、終始態度が悪くポケットに手を突っ込んだままインターホンに語り掛けているように見えます。共同通信社と言えば、全国の地方新聞紙にニュースを配信している大手メディアですね。大きな事件があると駆け付けるのは仕事だから仕方ないにしても、壁を蹴る(それも器用に後ろを向いて)のは残念な行為です。

しかし、記者が壁を蹴ったのとは比較にならないほど、あの事件は衝撃的でした。まさか、地元の保護者会の会長が犯人だったとは。まだ幼い少女を残忍な形で遺棄し、日本中に不安と怒りを植え付けたのが、人の親だったとは。性癖が悪化してこんな事件を起こしたのだとしたら、この犯人の生い立ちが凄く気になってきます。

壁を蹴るのと殺人とでは罪の重さに雲泥の差はあるけれど、本能の赴くままに行動し、理性による抑制が効いていない点では共通していますね。思うに、このような行動に出る人間って、屈折した感情を持っているのではないでしょうか。記者の場合はまだ20代ですから若気の至りと言えなくもありませんが、殺人の方は40代です。善し悪しの分別が付いていないとおかしいでしょう。しかし、こうした事件に関わりが多いのも、これまた40代です。20代までの犯罪が衝動的なのに対し、40代は浅知恵が付いているだけに卑劣さが際立っています。

この20代の記者が将来の容疑者となる事がないように、共同通信社の偉い人たちは気に掛けてあげて欲しいですね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]