トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

今村復興相が辞任の見込み

今村復興相が辞意 大震災の不適切発言責任取り(共同通信 47NEWS)

(記事より一部引用)
今村雅弘復興相は25日、東京都内でのパーティーで講演し、東日本大震災を巡り「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると莫大な、甚大な被害があった」と述べた。被災地軽視と受け取られる発言。その後、発言の責任を取り、辞任する意向を固めた。与党関係者が明らかにした。
(引用ここまで)

同じ大臣でも、防衛大臣の場合は度重なる不手際があっても許されてしまう。いや、誰かが守ってくれる。それは女性だからと言うより、まだ何とかなると言う希望があるからだろう。しかし、復興相の場合はいささか事情が異なってくる。少なくとも多くの人命が失われ、今もなお復興の途上にある現状においては「良かった」と言う言葉は慎むべきだった。例えそれが正論であり理論的に間違ってはいなかったとしても、他に言い方があっただろうと思う。

今村氏は、講演会での演説を見る限り決してダメな人ではないと思う。ただ、大臣として相応しくなかっただけだ。本音を言い過ぎる所が、まずもって宜しくない。つい先日もシツコイ記者に出て行けと怒ったりと、過去の発言がまだ記憶に新しいのにまた失言である。火消しにも労力を使わねばならないのに、これ以上火種を増やすようでは大臣として捨て置けないとなるのも当然だろう。

人は感情の生き物だから、見解の相違も人それぞれだ。一見すると失言に思えないことであっても、他の人が聞いたら大失言だったりする。そう言う点では言葉って実に難しい。ただ、失言が今回だけであればさすがに辞任とはならない。この程度でいちいち辞任に追い込まれていたら、森さんや麻生さんはどうなるんだろう。

やはり、記者会見で激高したことが響いているように思える。あれからまだ日が浅かった事が今回の結果に繋がっているのだろう。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]