トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

ブラックジャックによろちんこ

「ブラックジャックによろしく」と言う人気漫画を、アマゾンが勝手に無料にして配信していたとか。→https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XNW4ZHQ/ref=series_dp_rw_ca_3/358-4161602-3243468?ie=UTF8&qid=1501034146&sr=1-2

で、笑えるのは本のタイトルが「ブラックジャックによろちんこ」となっていること。これは、作者が怒ってタイトルを「ブラックジャックによろちんこ」へと変えたからだそうです。作者の公式サイトでは「4.Amazon Kindleストアでの取扱いは、個別の許諾がない限り一切できないものとします。」と利用規約を定めており、今回のアマゾンの行為はこれに違反しているようですね。

しかも、「この本のファイルに品質上の問題が見つかったため、現在入手することができません。本の出版者に修正を依頼し、問題が解決され次第販売を再開いたしますのでしばらくお待ちください。 本件に関するご意見がございましたら Amazon までお問い合わせください。」となっていて、現在は入手不可になっております。

つまりアマゾンのKDPを通じて有償販売をしていたら、アマゾンが勝手に他社サイトと比較してプライスマッチを実行したらしい。その結果、他社は無料で入手出来るのだからとアマゾンも0円で追随した模様。しかし、もともと無償で配布していた作品はPDFに変換したもので画質も下げてあったそうです。一方でアマゾンの有償版は高画質なデータでした。それを事前の通知もなく勝手に0円にされて15000冊も配布されてしまった。さすがに作者の方も納得しませんよね。

・・・

そう言えば話は変わりますが、この方のつぶやきにこんな記述があって気になりました。

(一部引用)
佐藤秀峰‏ @shuho_sato 7月10日
初めて漫画家スタッフになった時、70時間連続勤務したり47日間家に帰れなくても、「漫画家になりたいなら当たり前」と思って頑張ってしまったのだけど、振り返るとブラックな環境でしなくていい苦労をしていたんだなと思うわけです。今の苦労は必要な苦労なのでしょうか…?

佐藤秀峰‏ @shuho_sato 7月24日
スタッフにモブシーンを描いてもらったけど、なんか違う。映画館に観客が殺到し熱気が渦巻いている感じにしたい。3日くらいかけて頑張って描いてくれたことは知ってる。描き直すか否か…?https://www.instagram.com/p/BW6QFliHnz2/

佐藤秀峰‏ @shuho_sato 7月24日
やはりというか何というか…描き直しています。モブを描く時は、1人1人を人間と分かるように描くことに意識が向いてしまいがちだけど、それだと時間がかかる上に、1枚の絵としてまとまりが出ない。光源を意識しながら、全体をひと塊として描いていく。https://www.instagram.com/p/BW6bQIinHVA/

佐藤秀峰‏ @shuho_sato 7月24日
背景は結局、ゼロから描き直すことに。スタッフの3日間の仕事を無駄にするのは本当に申し訳ない…とは思っているけど、直さないとどうしても気になってしまう。年々スタッフに要求する作画のレベルが上がっており、サラッと描くということができなくなっている。描クえもんはシンプルな絵でいこうと決めていたはずなのに…。https://www.instagram.com/p/BW67hmOHSRY/
(引用ここまで)

・・・

スタッフが3日かけて描いたものを没にする・・・ある意味過酷な世界ではありますが、果たしてスタッフのモチベーションは保たれるのでしょうか。「ブラックな環境でしなくていい苦労をしていた」と作者が若かりし頃を振り返っているように、今のスタッフも後で不満を思わなければいいですけど・・・。なぜそう思うかと言うと、上司の指示一つで部下の仕事の段取りが大きく変わるからです。進行の具合を要所要所で押さえておけば、3日目に没になるような仕事をせずにすんだのではないかと感じた次第。

でも、現場作業には行き当たりばったりが付きものですね。私も仕事をする時は、無理や無駄が生じないように気を付けないと。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]