トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

木製パレット37枚の上から転落死

パレットを37枚重ね作業…天井の照明取り替えで労災 男性が転落死/奈良(奈良テレビ放送)

(記事より一部引用)
事故があったのは天理市に本社を置く天理総合運輸の田原本物流センターです。警察によりますと、事故が起きたのはきのう午後5時頃で、この会社に勤める40歳の男性が別の社員と2人で天井の照明をとりかえるためフォークリフトの上に木製のパレットを積み上げ、その上に乗って作業したといいます。その際バランスが崩れて男性は落下し、頭などを強く打って死亡したということです。天井までの高さは約10メートル、パレットは厚さ15センチで男性らはリフトの上にこれを37枚重ね、作業をしていたといいます。警察では事故の原因など調べを進めています。
(引用ここまで)

中学生ならまだしも、40代の大人がなぜこんな事を・・・誰も止める人はいなかったのか。37枚も重ねたら、どんなに整然と重ねたとしてもぐらつくと思いますよ。木製のパレットですから寸法の狂いもあったはず。高所の球替えなら専用の作業車を用意するのが普通で、中には容易に交換できるようワイヤーで下せるようにしている所もあります。今回の事故では「頭などを強く打って死亡」しているので、現場は相当に惨たらしい状況だったと思われます。

世の中にはランプチェンジャーと言う商品があって、地上の高さから棒を伸ばすことで高所の球を交換出来ると言う優れものです。これを使っていれば、命を落とさずに済んだのではないでしょうか。社長は従業員の命を守る最後の砦として、こうした危険な行為は止めさせなければなりません。社訓・信条に「ルールを守り、自分を磨け」と書いてあっても、結果がこれでは残念です。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]