トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

100均のマルチカードリーダー

某ダイソーで買ったマルチカードリーダー。USB2.0まで対応し、使えるメモリカードは2種類4タイプ。SDカードが読み書き出来るのは当然だとしても、マイクロSDカードがアダプタ無しで使えるのは素晴らしい。他にはM2とメモリスティックに対応しています。M2って何だろうと調べたらクレジットカードが検索にヒットした。いやいや、違うだろw

もっと良く調べたらWikiに記述があった。「メモリースティック マイクロ (Memory Stick Micro) は、メモリースティックPRO Duoよりさらに小型化したメモリースティックPROである。サンディスクおよびソニーによって2005年9月30日に発表された。略称はMemory Stick Microから略してMM、転じてM2となる。」と書いてある。要するにソニー版MicroSDみたいな物らしい。発売されてから10年以上の歴史があるそうで、メモリースティック DuoとSDカードぐらいしか知らない自分としては寝耳に水の品物でした。

で、肝心のカードリーダーがこちら。こんな物が100円で買えるなんて信じられません。(画像に写っている砂粒みたいなのは無視してください。ご飯にかけるフリカケですからw)

カードリーダー1


カードリーダー2

使える容量が限られているようなので、カードの世代によっては認識しないか不具合を起こす可能性があるかもしれません。そして、気になったのが裏面の注意書き。何やら長時間は使えない製品らしい。なぜだろうと思って分解したら、ずいぶんと簡素な基板が入っていた。さすがは100円ですね、基板上のICはベアチップ実装されていました。安い電子基板や電卓などで採用されている、でっかいほくろみたいなアレです。あの黒い樹脂の中にICの本体がいるわけですが、おそらく使用時間が長くなると内部の熱がうまく発散されずに過熱して行くのでしょうね。そこら辺は値段相応の品質であります。ただ、基板は綺麗に作られており、半田のミスも見当たりません。取りあえずはショートしてパソコン側を壊す心配はなさそうです。

とは言え、手持ちの700円のカードリーダーに比べたら、サイズは1/2しかありません。しかも、USBケーブルも搭載されているので過不足なしです。気になったのは本体が二分割構造になっているのですが、上と下で材質が違う点。上は白色で、下は薄っすらと紫色をしています。デザインの為なのか、製造工程上の都合なのか分かりませんが、何か理由があるのでしょうね。それと白色の部分はカバーらしく、爪で引っ掛けてあるだけで簡単に外れます。と言うか、一部は既に外れておりました。さすがは100円。

USBケーブルは3cmにも満たない長さですが、使えない事はありません。取り出す時もケースにくぼみが作ってあるので簡単に外せます。ストラップ用の穴も作ってあり、まあまあの使い勝手が実現されていました。これらを実売100円で可能にしてしまうチャイナクオリティ、恐るべし。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4801: by 久埜うさぎ on 2018/03/20 at 14:17:19

最近の100均は侮れなんですねΣ(゚Д゚)
以前、アンドロイドを使っている時にかなりお世話になっておりましたが、それはもちろん電気屋さんで購入した物でした。まさか100均に売っているなんて思いもせず!
そう何回も使うものではないので、100均で十分な代物かもしれません。

4802: by 管理人です on 2018/03/21 at 08:45:03

デジタル物は結構100均で手に入りますね。
スマホのケースもありますし、ケーブルも
あれば、100V電源をUSBの5V電源に変換する
アダプタも200円からあります。凄い時代
ですね。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]