トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

市長の命よりも伝統優先

市長倒れ、応急処置で土俵に上がった女性に「降りて」とアナウンス 大相撲巡業の京都・舞鶴場所(産経新聞)

(記事より一部引用)
京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で4日午後、大相撲の春巡業「大相撲舞鶴場所」のあいさつ中に多々見(たたみ)良三市長(67)が土俵上で倒れた際、応急処置のため土俵に上がった女性2人に対し、土俵を降りるよう求めるアナウンスが流れたことが、同場所実行委員会への取材で分かった。実行委によると、多々見市長は同日午後2時5分ごろに倒れ、女性2人が土俵に上がって心臓マッサージを行った。その後会場にいた市消防隊員がAED(自動体外式除細動器)を持って駆け付け、女性2人は状況を見守る形になった。すると、日本相撲協会の呼び出しが「女性は土俵から降りてください」とアナウンスしたという。実行委は、女性が応急処置をしている間はそうしたアナウンスは聞いていないとしている。
(引用ここまで)

確かに大相撲の土俵は女人禁制のしきたりがあり、昔から守られていた。古くは豊作を祈る行事として執り行われ、昨今では興行としての要素が強い。女人禁制については過去に太田房江氏がゴネて物議を醸した事がある。女性を不浄なものとして扱うのは論外だとしても、男同士が命を懸けて死力を尽くす舞台に女性を置きたくない気持ちは分からなくもない。しかし、今回はさすがにおかしいだろう。人の命よりも優先する伝統があって良いものか。相撲の世界では女性の力士もいるし、こうした女性排除のルールは日本相撲協会が頑なに守っているだけに過ぎない。人の命を救おうと懸命になっている女性に対し、失礼極まりない対応だと言える。

少なくとも男性たちは見守る事しか出来なかったわけで、会場にいた消防署員が対処するまでの間は二人の女性が土俵上で市長の命を支えた。懸命に処置する彼女らに敬意を示すべきで、役目が済んだからと即刻排除しようとするのは理解が出来ない。文句があるなら協会関係者がすぐ救命に当たれば良かったのだ。「女性の方は土俵から下りてください」「男性がお上がりください」とするアナウンスに何の価値があるのだろう。八百長や暴力問題を払拭出来ない協会の悪しき姿を、ここに見た気がする。

市長は検査のため入院したそうだが、幸いなことに意識はあり会話も出来る状態にあると言う。救急救命の重要性を協会関係者は肝に銘ずるべきではないか。自分たちに出来ない事を、わざわざ他の人がやってくれるのだ。少しは頭を捻れと協会には言いたい。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]