FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[FC2カウンター]

[ブログ内の検索]

[リンク]

[カテゴリー]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[FC2]

Radeon Software Adrenalin Edition 18.4.1を入れたらFluid Motion Video機能が使えなくなった

Windows 10 April 2018 Updateが4/27にリリースされて間もないのですが、Radeon Software Adrenalin Edition 18.4.1も4/30にリリースされたばかりです。両者とも今月のアップデートの中では大きい部類に入ります。やや駆け込み的なリリースになっているので不具合が心配でしたが、案の定でした。新しいグラフィックスドライバを適用したら、動画再生支援機能のFluid Motion Videoが使えなくなったのです。それだけでなく、TVTestのMPC MPEG2 Video Decoderも使用出来なくなったので困りました。どちらも映像をヌルヌル(フレームレートを倍速化して再生すること)にする上で必須のものです。

てっきりWindows 10 April 2018 Updateのせいかと思っていたら、AMDのドライバのせいでした。と言う事で18.2.1に戻すことに。ベータ版のドライバはこれがあるからダメなんですよね。正式なリリースがあるまで気長に待ちたいと思います。

(追記)
私はFluid Motion Video機能を利用するにあたって、使い勝手の良いMedia Player Classic-BEとBluesky Frame Rate Converterを組み合わせて使っています。と言うか、それ以外の方法を知りません。今回、Fluid Motion Videoがうまく機能しなくなった原因の一つがBluesky Frame Rate Converterにあった事が分かりました。作者の方でAdrenalin Edition 18.4.1に対応したバージョンをリリースしています。→Bluesky Frame Rate Converter

なお、5/2にリリースされていますが、ダウンロードのリンク先が旧バージョンのVersion 2.10.0 (2017/12/28) になっていたそうなので、5/3に修正されております。5/2に入手した人は再度ダウンロードする必要があります。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]