トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

ADSL回線が切れる原因(中編)

(前回の続きです。)

ADSL回線が切れる原因(中編)

さて、前回までの調査で私の家の通信速度が以前の
半分にまで落ち込んでいる事が判明しました。何度
計測を行っても結果は同じです。これは原因を調べね
ばなりません。

原因追求 その1 「モデムをノイズ源から離す」
ADSLモデムのそばに置いてはいけない電化製品が
あるんだとかで、さっそくチェック。(一部、記事より引用。)

1)テレビ・ディスプレイ
  ブラウン管や液晶ディスプレイは画像を映し出すため
  に、 強力な高周波を使っている。 発生したノイズが
  スピードダウンの原因となり易い。
  ・・・確かに近いかも。モデムと液晶モニター直線距離
     は40cmしか離れていない。要対策!!

2)電子レンジ
  それ自体が超強力な高周波発生装置。 使う電波は
  ADSL回線の信号よりはるかに高いが、 高周波発生
  回路からのノイズがスピードダウンの原因となる。
  ・・・同じ部屋の中には設置していませんが、レンジの
    アースを接地していないので、これも原因の一つ
    かな。これも要チェック!!

3)冷蔵庫
  冷蔵庫は強力なモーターによってヒートポンプを回して
  中を冷やしている。 このモーターが発生するノイズは、
  古くなればなるほど外に漏れやすくなるので要注意。
  ・・・確かに古い。もう10年以上は使っているし。でも、
    冷蔵庫は遠く離れた台所に置いてあるしなあ。

4)インバータ蛍光灯
  インバータで電流の周波数を上げる蛍光灯は高周波
  のノイズを発生しやすい。
  ・・・これは無いなあ。物はあるけど通電してません。  
5)換気扇
  換気扇を回すのには、 強力なモーターが使われる。
  とくに最新の換気扇では、回転数調節にインバータが
  使われているので、 高周波のノイズ発生源となり易い。
  ・・・あるけど使っていません。それにインバーターじゃ
    ないので。


自分の家では、(1)が一番可能性がありそうです。また、
LANケーブルが20mの長い物を使っているので、パソコン
の横でとぐろを巻いています。これも良くない気がします
が、LANケーブルは比較的長距離での伝送を考慮して
規格化されている為、そこまでシビアに考えなくても良い
と考えられます。ただ、とぐろを巻いてループコイルにして
しまうのはあまり良い事ではないでしょうから、切断する
なり短いケーブルに換えるなりして見ても良さそうです。

で、私の場合はこんな感じの対策を検討しています。

1)モデムを電話コンセントの近くに持って行き、なるべく
 パソコンや液晶モニターから遠ざけて見る。
2)電話コンセントとスプリッター間にある短いモジュラー
 ケーブルにもノイズシールド(ノイズチューブ)を施して
 見る。ノイズチューブとは、金属線などで編みこんだ
 袋状の製品で、パソコンショップなどに行けば普通に
 売っています。これをケーブルに通す事で、外来ノイズ
 を防ごうと言う考えです。通常、モジュラーケーブルは
 安物が多く、シールド面で頼りないケーブルが少なく
 ありません。一応、ツイストペアと言って、信号線を
 規則正しくより合わせてノイズを打ち消す工夫がされて
 いますが、それすらされていない製品もあるので注意
 が必要でしょう。
3)スプリッターとモデム間のケーブルにもノイズチューブ
 を通して見る。出来ればケーブルも短くしたいが、設置
 の都合でそれは難しい。故にシールドだけで我慢する。
4)LANケーブルを短くする。現在のケーブルは長さ20m。
 カテゴリ5のシールド線です。シールド線とは、ケーブル
 内をシールド材で被覆した製品で、よほどの安物で無い
 限りはこちらが主流だと思います。なお、LANケーブル
 は自分で製作する事も可能です。
  参考→LANケーブルの作り方(感電自作マニュアル)

原因追求 その2 「モデムの電源を入れ直す」
これが一番の解決策です。接続不能になっても、モデムの
電源を入れ直せばやがてつながるようになります。また、
スピードがあまり出なくなったと感じたら、 モデムの電源を
切って入れ直して見て下さい。凄い効果があるはずです。
ADSLモデムの場合、電源を入れている間は回線の調子
が悪くなるたびにリンク速度が落ちていくのだそうです。
ですから、時々は電源のオン/オフが必要になるみたい。
(26Mモデムの場合、 電源オンまで20~30分待つように
して下さい。)

原因追求 その3 「電源周りをチェック」
電源タップに複数の電化製品をつなぐ「たこ足配線」は、
火災の元になるだけでなく、ノイズが入り込む原因や
電圧の不安定を招きやすいそうです。出来るだけ避け
ましょう。ノイズ対策機能付きの電源タップなどの活用
も有効だそうで、私も使っています。特に、雷害が怖い
ので、サンダーカット付きの電源タップを使っています。

今から買うなら、下記の一体型製品が便利ですよ。
(全て楽天市場の商品です。写真をクリックして下さい。)

OAタップ・電源コード T-Y03(税込1,660円)
 

かみなりブロックタップ WH2901WP(税込2,111円)


TAP-SPTEL2N(税込・送料込2,580円)

 
(後編に続く。)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]