FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[FC2カウンター]

[ブログ内の検索]

[リンク]

[カテゴリー]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[FC2]

東京証券取引所でシステム障害、実は証券会社側の設定ミスが原因だった

東証のシステム障害、「原因は大量の電文誤送信」(日本経済新聞)

(記事より一部引用)
東京証券取引所の株式売買システム「アローヘッド」で9日、障害が発生し野村証券など約40社経由の売買が一時執行できなくなった。原因は特定の証券会社の設定ミスによる通信障害という。投資家被害の全容は不明だが、買い注文が減り日経平均株価が下げ幅を広げる要因にもなった。過去に度々障害を起こしてきたシステムの責任の所在を巡り、取引所と証券会社の間でさや当てが始まっている。
(引用ここまで)

ある証券会社から大量の電文の誤送信が発生していたのが原因だそうで、一体どこの証券会社がやらかしたのか興味津々なのですが、たぶん詳細は明らかにしないでしょうね。でも、おかげで投資の機会を失い、あるいは売買の肩代わりをせざるを得なくなった証券会社は憤慨もんだと思います。もともと、東証はこうしたシステム障害について機会損失の補償をしない方針ですけど、それで納得出来る話なのかどうかは紆余曲折がありそう。

東証では毎朝、自社のサーバーと証券会社の発注システム同士で電文のテスト送信を行っています。今回は通常の1000倍の量の電文が送られた事から、4回線のうち1回線で障害が発生しました。本来なら残りの3回線で正常に取引を継続出来たはずですが、対応出来ない証券会社が続出した模様。複数回線で機能強化を施してあったのに、実際の運用を証券会社任せにしていたせいで活用出来なかったと見られています。

言わば、本来は回避が出来たのに考えが甘くて回避出来なかったと言う話。関係機関の連携不足、危機管理能力の欠如が招いたトラブルだったと言えます。

(追記)
その後の報道によると、障害の原因になった大量の電文の送信をしたのは、メリルリンチ日本証券だったそうです。これにより、注文の事後処理が10万件に膨らんだ他の証券会社は怒り心頭な模様。余計な仕事を増やされた上、補償問題にもなりかねない事態に関係者も冷や汗をかいているのでは?しかし、通常の1000倍の電文って、何をどう間違えればそんなことになるのか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]