トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

ヤフーの画像認証

ヤフーの画像認証が鬼畜過ぎて涙が出て来ます。セキュリティ向上の為とは言え、あんな読みにくい変形文字をどう扱えと言うのか。何度もリロードしてやっと入力出来ると言う有様で、もはや嫌がらせのレベルであります。とにかく判別が難しい変形文字なので困ります。また、メールソフトでの受信もいつの間にか出来なくなっており、パスワードを何度も再入力するけど認証を通りません。恐らく画像認証が邪魔をしているのだと思われ。

これではメールソフトでの受信をするたびにキャンセル操作をしなければならず、非常に鬱陶しい。永遠に待っていても、画像認証に対応していないメールソフトで受信することは出来ないのでしょう。と言うか、それってメールソフト側の問題なのか?どう見てもヤフー側の問題だと思うのだが・・・。

仕方がないので、メールソフトの設定を変更してヤフーメールの受信を止めました。代わりにヤフーメールの転送機能を使って、メールソフトでも受信出来ている他社のメールアカウントに転送するようした次第。面倒だけどこれが一番確実です。となると、困るのは送信の時。メールソフトでヤフーメールのアカウントを使って送信する時も、これまた同じ問題が生じます。結局は、WEBにアクセスしてそこで操作するしかなさそうです。(ヤフーへのログイン状態時でも、メールソフトを使うとダメでした。)

便利な世の中になった反面、対応によっては不便を強いられる昨今。ヤフー的には、メールの確認時にポータルサイトも覗いて見てねと言う事なんでしょうか。しかし、不便は不便。あるいは私が知らない設定があるだけなのかもしれない。

プリちぃおそうじロボ CHI-01

なかなか優秀な仕事をしてくれる「プリちぃおそうじロボ CHI-01」。まさか、漫画雑誌の付録にルンバもどきが付いてくるようになるとは驚いた。最近はATM風の貯金箱が付録になったりと、少女漫画界に異変が相次いでおります。昔は雑誌の豪華なグッズと言えば、読者全員プレゼントと言う実質的には実費負担の物ぐらいしかなかったように思うのです。それが今では非常にコストパフォーマンスの高い付録が付いてくるご時世。2017年4月号は手放せない逸品になりそうです。



動画を見てくっそワロタ。いつでもキレイにと言いながら、しっかりと消しカスを吸い残してやがる。さすがは雑誌の付録w

この「ちゃお」は以前にもLED付扇風機を付録に付けたりと、女児たちの物欲を掻き立てるようなことをしておりましたね。と言うか、女の子も「動く」物が好きなんだな。今回の「プリちぃおそうじロボ CHI-01」は机の上を自動で走行して障害物に当たると転回するようになっています。また、机から落下しないようにセンサーも内蔵しています。どんだけハイテクやねん。消しゴムのカスくらいならある程度お掃除してくれる模様。(あまり過度な期待は出来ません。)

自分も欲しいけどさすがに買う勇気がない。どんな顔をしてレジに持って行けと言うのやら。その内に付録を改造してパワ-アップさせるマニアも出て来たりして。ミニ4駆用のモーターと取り換えて爆走させると楽しいだろうなあw

しかし、こうなってくると出版業界も大変ですね。ある程度の付録を付けないと見劣りするし、価格とのバランスを見ながら品物を選定しないといけないから大変です。ただ、以前もキャラクターシールとか手帳などは付録になっていたし、雑誌の付録ならではの面白さや貴重さはありました。それが妙に豪華で実用的な物が付録になりだしたのは、ここ数年でしょうか。今までの単なるオマケだった物が、更なる進化を遂げているように思えます。

にしても、少女漫画なんて妹の物を借りて読んだ以来だ。ちゃおの公式サイトを見たけど、まんがの登場人物って目が顔の半分ぐらいあるんだね。そのせいか、全部同じような絵に見えてしまう。色んな意味で凄いや、少女マンガって。本来は580円の雑誌だけど、なぜか楽天では1000円オーバーのものしか見当たらない。アマゾンでは380円だけど付録抜きの中古品。なぜか付録付きは800円以上。でも、書店で買うなり取り寄せて貰えば送料もかからず580円。何だろうね、この差は。中には二千円を超えている店もあった。ぼったくりすぎやろ。

なお、付録の掃除機は不良品も多い模様。配線がしっかりと接続されておらず、不動作の物が混じっているようです。これを女の子が気付いて半田付け出来るとも思えず、結局はお父さんの出番となるのでしょうね。まあそれはそれで、貴重な親子の触れ合いが出来るから良いのだけど。作っている中国の工場の人はどう思っているのかな。

その内に、ディアゴみたいな商法を始めたりして。パーツを分けて付録にし、連続して買ったらやっと完成するアクセサリーとか面白そうじゃないですか。

アナと雪の女王

以前から評判の高かった「アナと雪の女王」が地上波で流れていたので視聴して見た感想。

さすがにCGの技術を駆使して作り上げているだけあってか、映像美と迫力には文句の付けようがなかった。ただ、全体的に展開が速すぎて余韻に浸る暇が無いのが気になる。日本では風景や静止画を使って描くところも、ひたすら動画で押し込んでくる印象を持つ。また、ミュージカル風に奇麗な歌声が流れてくるあたりは、非常に良く出来ていると思った。この辺は演者の力に寄るところが大きい。

しかし壮大なドラマも、あのエンディングで全て台無しとなった。視聴者の投稿動画と芸能人の宣伝を兼ねた映像が特別企画「みんなで歌おう♪アナ雪」として流されたのだが、まるで統一感の無い歌声に夢から落とされた気分になった。あまりの酷さに一瞬、放送事故かと思ったほどで、なぜ、本編の後でこれを流したのか理解出来ない。そして、本来のエンディングは小さい画面で適当に流されたのだが、本当にそれで良かったのか。フジテレビは制作者に対する尊敬の気持ちをどこへ置いてきたのか。

エンディングは関わったスタッフなどの紹介をするのが通例であり、作り手の全容を知る上でも重要な部分だ。それを、作り手と関係のない一般視聴者の映像と置き換えてどうするのか。そもそも、歌手の歌っている場面も必要だったのか。どうせなら松たか子さんの収録風景をしっかり見せて貰いたかった。こうした改変は番組のエンドロールと言う扱いだから問題ないのだろうか。後から適当に劇場版のエンドロールも流されてはいたが、小さくて本当に形だけのものだと言うのが分かった。

子供たちが元気よく歌う姿は微笑ましいし、可愛い姿で踊るのは愛らしくもある。だから、特別企画そのものに不満はない。不満なのは本来のエンディング(エンドロール)と挿げ替えるようなやり方だ。正しくは、本来のエンディングも含め本編を全て放送した後に、特別企画を流すべきだったのだ。作品と明確に切り離して、作り手の存在を邪魔しないようにするべきだった。

フジテレビは本当に理解の足らないテレビ屋だと思う。劇場版の質が高かっただけに、この点だけが凄く残念だった。

高額な報酬、されど経営は苦しい 東芝

東芝の年収は、815万円なんですって!こちらのサイトでいろんな企業の年収が分析されております。
東芝の年収給料や20~65歳の年齢別役職別年収推移(平均年収.jp)

今は目前の経営危機回避に一心不乱で取り組まねばならない状況の東芝ですが、家電業界では高待遇で有名だったとか。今回募集されていた早期退職制度では退職金に加えて基本給の30~40カ月分が加算されるそうでして、定年前の人などは前向きに考えた人もいるのでしょうね。その一方で、給与の支払総額が前年から200万円減って生活が出来ないと嘆く社員もいるとか。女性の事務職はどうなのか知りませんが、一般に製造職の場合だと男女問わずどうしても低くなりがちな賃金。役職者や本社勤務の社員が平均年収を押し上げているのだと思います。ただ、中小企業で一気に給与を200万円も減らされたら、とても生活は出来ません。東芝の社員で200万円の収入ダウンがどれほどのものなのか、下世話ながらも凄く気になります。

東芝は三菱や日立のように、重電にも強い企業です。工場などの基幹システムやインフラにも強く、発電所や変電所では馴染みの深い企業です。JRの貨物列車を引っ張る動力車などは電気機関車として鉄道ファンにも愛されてきましたね。やはり、大きな仕事から身近な製品まで一手に引き受けられる企業は、体力が相当にないと務まりません。今回は原発事業が足を引っ張り続けているわけなので、アメリカの原発メーカーを買い取ったのは大失敗だったと言えます。

私の知る限り、モノを作る現場と言うのは一切の無駄を許容しません。生産は計画的に行い、歩留まりの低減に心血を注ぎ、稼げる時には休みを潰してでも製造をするのが工場だと思います。改善がカイゼンと言う用語になるまで体に叩き込まれ、無駄は出血と同じなのですから、管理者が物凄い勢いで怒鳴り込んできます。東芝も高額な報酬と引き換えに、現場には相応の無理を強いていたのかもしれません。あるいはその矛先が、立場の弱い下請けにも及んでいたと思うのです。

しかし、今回は経営者の判断ミスによる大失敗が発端になっています。末端の人間にはどうする事も出来ません。これから先、大きい仕事は中々掴めなくなって行くのでしょうが、高額な報酬を払えなくなった矢先に何が起こるのか・・・既にリストラでその場を凌ごうとしている東芝。銀行団が東芝を潰せるとは思えず、頼みの綱は半導体事業の切り売りしかありません。でも、その前に出血を続ける原発事業をどうにかしなければ未来が見えない。

大企業であるが故に、経営者の目も曇ってしまうのでしょうね。

また、変なメールが来たんだが

ほぼ捨てアド化しているメールアドレスに、今回も変なメールが届きました。

(以下、一部引用)
セキュリティに関する警告!!
あなたのオフィスソフトの授権が間もなく終わってしまう可能性があります。マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。何者かがあなたのオフィスソフトのプロダクトキーを使って、他のソフトを起動しようとしています。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。検証作業が行われていない場合、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態がまもなく終わりますので、ご注意ください。
(引用ここまで)

「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」ってな調子でこの手のメールを無差別に送っているのだろうけど、日本語が不自由な時点で怪しさ満載です。メールって凄く便利だし、生活に欠かせないものとなってはいますが、こうした偽装や成りすましに対抗が出来ないのは大きな欠点だと思います。せめて発信元を確実に特定出来る仕組みにして法整備までされていれば、こうしたバカなメールが届くことはなくなるのでしょうけど。困ったものです。

で、送り主がk〇c@d〇sign.t〇y〇ta.c〇.jp(一部伏字にしてあります)となっているのだけど、当然偽装されています。某有名メーカーのアドレスを名乗っていて笑いました。もはや、マイクロソフトと何の関係もありません。他にも送り主は別ですが合計で9件も届いておりました。いずれも迷惑メールに振り分けられているので実害はありません。間違ってリンク先をクリックすれば別ですが、メールサービス会社の方で危険なメールは特殊なところに隔離して届かないようにしてくれているので安心です。

気になったので、k〇c@d〇sign.t〇y〇ta.c〇.jpをグーグルで調べて見ました。特にウィルスと関係する情報は得られませんでしたが、某メーカーのサイトや商品に関する情報が出てきます。その中に、「このサイトは第三者によってハッキングされている可能性があります」と併記されているサイトを見つけました。グーグルの説明によると「このようなサイトにアクセスすると、スパムや不正なソフトウェアにリダイレクトされることがあります。」とあるので、これはこれで危険な状態です。

そう言えば、昨日の新聞に個人情報の漏洩が相当深刻な状況にあるとの記事があるのを思い出しました。不正なメールやハッキングされたサイトのみならず、相手方のサーバーにまで侵入して、クレジットカードや住所などの個人情報を盗んでいく連中がいるんですね。送りつけられたメールを不用意に信じて中のリンク先にアクセスしたり、対策を施していないサイトをいつまでも放置している事は良くないと自覚せねばなりません。自分が注意していても、他人の不手際で自分の個人情報が漏洩することだってあるのです。自分だけ気を付ければ大丈夫だと言うのは、過去の話ですね。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]